Loading

ブログ

沖縄の選手の良さってなんだろう?

from 宮城哲郎

 

前回の記事はこちらから→「初めての練習会

 

さて、どうしたら、今回のメンバーの強みを活かしながら、

かつ相手の強さを消して、弱点をつくサッカーが出来るのか?

 

そういうことを代表チームの監督して考える必要が出て来たのだが、

その前に、やはり自分達の強さってなんだろう?

 

ということを考えなくてはいけない。

要するに「武器」というヤツだ。

 

これまた、その武器ということなのだが、

自分達の中で認識している「強み」が。

 

相手に対してさほど脅威ではなかった場合、

それは必然的に強みでも武器でもなくなる。

 

そんなこともあったので、

今回の大会に出場して来るチームの特徴をまずは整理する事になった。

 

スタッフの皆さんが必死になって情報を入手したところ、

以下の事がわかった。

 

地元台湾のチーム

・台湾に1つしか無い体育大学のメンバーを中心に構成されるチーム、

・フィジカル的にもかなり高く、中国のリーグに選手を送り出している。

・メンバーのなかには現役のA代表選手も登場

 

中国チーム

・元プロサッカー選手や代表選手が所属している実業団チーム

・ベテランが多いのでスピードは無いが国際経験が豊富

・テクニックが優れており、狡猾なプレーをしてくる

 

韓国チーム

・韓国の大学からの単独チーム

・単独チームなのでチームワークは抜群

・韓国では大学ではエリートがいくとのこと実力者がそろう。

 

マカオチーム

・唯一のプロチーム

・ポルトガル領だった事もあるのかブラジル人選手が多い。

・ブラジル人選手は自国でのプロ経験有り

・スタッフが日本のJリーグチームで研修していたこともある

 

以上が、僕のところに集まった情報を簡単にまとめたものだ。

※本当はノート一冊近くの情報があったのだが。

 

正直、それぞれのチームの実績や経験だけを加味すると、

大学生が中心の我々には厳しい戦いが予想される。

 

そして、それらを加味した上で、

いよいよ僕が目にした選手達の特徴と個性を考える作業にうつる。

 

次の練習会までの1週間の間…

①練習会でとったビデオ映像を分析

②スタッフそれぞれの自由な選手達の印象
(※誰が目立ったとか…そういう情報)

③それぞれの大学の監督、コーチの皆さんから、
各選手の性格やプレースタイル、
試合中でのクセや、心理的変化の様子をリサーチ

④選手個人の練習会の休憩時や、ベンチでの様子、

⑤練習会終了後の様子

 

ありとあらゆる角度から、選手達の特徴を調べた。

 

よく沖縄の選手は「細かい技術に優れ、すばしっこい」と評されるが、

選手達のプレーを見ていると、そういう選手が5割でやや多い。

 

他にも、運動量があって、ポジションに関係無くボールに関わろうとする選手や、

縦へのスピードがある選手が数名。

 

フィジカル的な部分ではまだ弱いのだが、

視野が広くテクニックにもすぐれチームの司令塔になりそうな選手。

 

足元はまだまだおぼつかないが、

海外の選手もひけを取らないほどの大柄な選手もいた。

 

あと、やたら元気な選手。色々な意味で…笑

 

このように調べてみると、

想いのほか、色々なタイプの選手がいることに気がついた。

 

これをひとくくりで「細かい技術に優れ、すばしっこい」というイメージで、

チームを作るのは実にもったいない。

 

そう思った僕は、対戦相手にあわせて、

いくつかの特徴が出せるチームを作る事に決定。

 

時間も限られているので、「選手の組み合わせ」によって、

色々な戦い方をしようと決意したのだ。

 

ただ、そうなると1つだけ、問題が生じる。

 

選手の組み合わせを変えるとなると、

そこには選手達に対して「多様性・柔軟性」を求める必要があるわけで。

 

さまざまな変化が生じても、

それでもチームとして機能させる為には。

 

いくつかの「核」になるような人材が必要なのだが、

その為に必要な、汗をかく選手、バランスがとれる選手が不可欠で。

 

次なる課題は、そこへのアプローチとなったわけなのだ。。。

 

次の記事はこちらから→「琉球代表の活動の可能性が生んだ出会い

 

琉球代表のトレーニングに参加しませんか?

沖縄に誇りを持っている。サッカーが好き。世界に挑戦したいというあなた。

ぜひ、一緒に琉球代表として活動していきませんか?

琉球代表選手募集はこちら

 

関連記事

  1. 周りからの過小評価
  2. トレーニングマッチ VS 岐阜経済大学サッカー部
  3. 大きな勝利!!
  4. 琉球代表の活動の可能性が生んだ出会い
  5. なぜ、仕事をしながら世界一を目指したらダメなの?
  6. 初めての練習会
  7. いよいよ開幕戦!
  8. 終わりの瞬間

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP