Loading

ブログ

ボールの置き所

宮城哲郎

 

別にどっちが良いというわけでは無いのだが、

海外でサッカーをして凄く感じることがある。

 

それは、ボールの置き所。いわゆるトラップに対する意識だ。

 

例えば、日本でプレーしていると、

サッカーのスタイルなども関係して来るだろうが、

「ボールをしっかりと足元に止める」という部分がベースになる。

 

だが、これを海外でやると、大抵は怪我をする。笑

 

向こうと日本との大きな違いは、多分ここ。

 

それはきっと相手のディフェンスの寄せ方。

ファールに対するジャッジの基準。

試合の展開の仕方やスタイル。

 

そういったものもあるだろうが、それらを特徴として捉えて、

上手に使い分ける事でサッカーの仕方も変える必要がある。

 

国が違えば、普段からやっているサッカーが違う。

国が違えば、普段から考えているサッカーの哲学が違う。

国が違えば、普段からプレーしているサッカーの環境が違う。

 

そういう違いの1つ1つを、

自分のプレーヤーとしての経験の肥やしにすることで。

 

もっと、自分自身のプレーヤーとしての可能性を

知る事が出来るだろう。

 

PS 写真は中国のチームとの試合の様子。

元代表選手も出場していて、凄く白熱したゲームになってました。

 

 

宮城哲郎

 

琉球代表のトレーニングに参加しませんか?

沖縄に誇りを持っている。サッカーが好き。世界に挑戦したいというあなた。

ぜひ、一緒に琉球代表として活動していきませんか?

琉球代表選手募集はこちら

 

関連記事

  1. 「なんでお前プロじゃないの?」
  2. 3戦目 〜試合巧者〜
  3. いよいよ開幕戦!
  4. トレーニングマッチ VS 岐阜経済大学サッカー部
  5. 沖縄の選手の良さってなんだろう?
  6. 小学3年生の名コーチ!
  7. 徹底的にサイドを突いた試合!
  8. 初めての練習会

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP